テニス肘(外側上顆炎)

原因

中年以降のテニス愛好家に生じやすいので、テニス肘とも呼ばれています。
一般的には、年齢とともに肘の腱を痛めて起こります。
病態や原因については、十分には分かっていませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。
この短橈側手根伸筋は手首(手関節)を伸ばす働きをしています。

症状

物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作、テニスでバックハンドをする時と、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。 多くの場合、安静時の痛みが出現しない場合が多いです。