オスグットシュラッテル氏病

症状

​ 脛骨粗面(お皿の下の骨のザラザサとした部分)が徐々に突出してきて、強い痛みが出てきます。
時には、赤く腫れたり熱感を持ったりします。
休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。
発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴になります。

原因

10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールを蹴るスポーツをし過ぎると、発症します。
大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展(伸ばす)させる力として働きます。
膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨粗面を牽引するために、脛骨粗面の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで起こります。
この時期は急激に軟骨から骨に成長する時期です。

ポイント

  • 予防として大腿四頭筋のストレッチをしっかりおこない、痛くなってしまってからは四頭筋のストレッチはおこなわない。
    より牽引をかける形になり痛みを増悪させてしまう。
    腿の裏側の筋肉(ハムストリングス)を緩めることは大切である。
  • アイシングや圧迫をかけてあげることで炎症を抑える事ができるので、練習後などや痛みが強い時などはRISE処置をしっかりおこなうこと。