中足骨骨折

​ ちょっと足首を挫く、いわゆる捻挫は誰でも経験あるかと思われます。
時には単なる捻挫で済まないこともあります。
痛みや腫れが強いので病院や接骨院を受診したら「骨折しています」と言われてびっくりする事態にもなります。

この骨折はその昔、下駄をはいていて挫いたとき発生しやすかったため「下駄履き骨折、下駄骨折」という名前がついています。
足の甲の骨、第1から第5まである中足骨のうち、第5中足骨の基部の骨折をいいます。
現在でも下駄をはかなくても、裸足や靴を履いて室内や階段で強く捻挫することで骨折することがあります。

また、スポーツなどによって繰り返すストレスでも第5中足骨の場合は少しつま先寄りに骨折を生じることもあります。 ジョーンズ(Jones) 骨折と呼ばれる特殊な疲労骨折です。