ゴルフ肘(内側上顆炎)

ゴルフを続けていると肘の痛みを感じることがありますよね。
これがいわゆるゴルフ肘(ゴルフエルボー)で、上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)というスポーツ障害です。
ゴルフ肘で痛めるのは上腕骨内側上顆部と呼ばれる肘の内側の箇所で、ゴルフで無理なスイングを続けたり、ダフったりするなど、上腕骨内側上顆部に過度な負荷がかかり続けることで炎症を起こし、痛みを発症します。

同じスポーツ障害として有名なテニス肘が肘の外側に痛みが出るのに対して、ゴルフ肘は肘の内側に痛みが出るのも特徴です。
ゴルフ肘はなかなか治りにくいスポーツ障害です。
とくに日常的に腕を使う仕事をしている人は長期化することが多いため、早めの対策が重要です。

主な原因

ゴルフ肘は、痛みが生じる場所が肘の骨の近辺であることから、ボールを打った時などの衝撃が骨を伝わることで起きていると思われがちですが、主な原因は違います。
手先で打ったり、肘に無理な力がかかったりした状態で、ゴルフ(スイング)を続けていることが主な原因と言われています。

症状

下記の動作を行った際に、肘の内側の少しでっぱった骨のあたりが痛むという方は、ゴルフ肘である可能性が高いと言えます。
早めの診察をお勧めします。

  • 肘の内側の少しでっぱった骨のあたりを押した時に痛みが出る
  • 腕を曲げたりひねったりするなどの運動をした時に痛みが出る
  • 腕を引っ張った時に痛みが出る
  • 手を強く握った時に痛みが出る