野球肘(離男性骨軟骨炎)

成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。

原因

繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることが原因です。
肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。
肘の内側では靱帯・腱・軟骨が傷められます。
肘の後方でも骨・軟骨が傷められます。

症状

  • 投球時に痛みが出る
  • 投球後に肘の痛みが出る
  • 肘の伸びや曲がりが悪くなる
  • 急に動かせなくなることもある