突き指

腱性槌指(けんせいつちゆび)

これは突き指により、末節骨に付着している伸筋腱(指を伸ばす腱)が断裂することにより、末節の関節が伸ばせなくなる状態です。
外観が「槌:マレット」に似ているので、このような名前がつけられています。
X線で骨折がないことを確認することが必要です。
末節の関節をまっすぐな位置で固定することが必要で、指を伸ばす腱はとても薄いので治るまでに時間がかかります。
途中で固定をやめてしまうと、腱は伸びたまま治り、末節の関節はしっかり伸ばすことができないままになります。

骨性槌指(こつせいつちゆび)

これは伸筋腱が末節骨に付着している部分で、裂離骨折を生じることにより、末節の関節が伸ばせなくなる状態です。
X線写真で骨折が確認できます。
同じ突き指と思っても、これは骨折ですので整復し固定が必要になります。

中節骨骨折

長軸方向の力が中節骨(2番目の指骨)にまで伝わることにより骨折を生じます。
中節骨頚部骨折となります。
多くは、手の甲側に転位します。
X線撮影し整復して固定が必要です。

PIP関節脱臼骨折

長軸方向の力が中節骨(2番目の指骨)の基部にまで伝わると、PIP関節で脱臼骨折を生じます。
関節に骨折が入ります。
特に治療までに日数がかかると、後遺症を残しやすいので、早期治療が必要です。
脱臼骨折の形態により治療は変わります。