ブシャール結節

ブシャール結節とは

人差し指から小指のPIP関節の変形です。
「PIP関節(指の第二関節の事を示しています。)」
更年期以降の女性に多く、女性では使い過ぎとは無関係なことが多い疾患になります。

症状

PIP関節が腫れ、痛みを伴う事もあります。
指が屈曲したまま伸びにくくなり手を握るなどの動作がしにくくなります。
指を真っ直ぐに伸ばせなくなります。

原因

エストロゲン(卵胞ホルモン)と深い関係があり、妊娠時、産後、更年期に起こりやすい。
もともとエストロゲンは腱や滑膜(関節を包む膜)の腫れを取る抗浮腫作用があり、生理前に体がむくむのもエストロゲンが減るため。
閉経して急にエストロゲンが出なくなることで、腱や関節に炎症が起こりやすくなる。
腱鞘炎にしても、実際は手の使い過ぎで起こることは少ないと思われます。