前十字靭帯損傷

前十字靱帯(ACL)断裂は、スポーツ障害のなかで最も重症度が高い膝の傷害ですので、選手生命を大きく左右することになります。
コンタクトスポーツでの発生が多く治療は長期間を要します。
ACLの走行は、膝関節内で大腿骨側外側部から脛骨側内側に2束が一体になっています。

ACLの機能はスポーツ活動において、ジャンプ、着地、ダッシュ、ストップ、カット、ツイスト(ピボット)などの動作で膝が崩れないストッパー役として発揮されます。
膝関節の下腿前方移動と下腿の内旋動揺性(捻り)や、特にピボット時の膝関節を安定させています。
膝にタックルするコンタクトスポーツに発生しやすく、時にノンコンタクトスポーツ(バレーボールやバスケ)のようなジャンプ着地時、膝のピボット強制、床面でのスリップ時などで発症します。
アメリカンフットボール、ラグビー(外・後方側からのタックル時など)、スキー、スノーボード(ボードが固定されて膝に回旋が強制される)、柔道、バスケットボール(ジャンプの着地時に人がぶつかってくる)、バレーボール(スリップによる自損)などが挙げられます。

急性期:外傷により突然発症する痛み、膝関節運動の障害、関節の腫張や血腫、膝崩れ現象(Giving way、足を着いたとき、膝にガクッと力が入らず崩れる)が出現します。
2~3週しても痛みが継続する場合は、半月板損傷の合併を疑います。
急性期では関節血腫と関節動揺性が発生します。

徒手検査では前方引出し現象、ラックマンテスト(膝約20度屈曲位)、ピボットシフトテスト(Nテスト)が陽性です。
MRI検査は最も有用であり、ACLのみならずほかの靱帯損傷、半月板、血腫、骨損傷なども把握できます。
レントゲンは骨折有無の確認に有用ですが、靱帯は写りません。
また、関節鏡(内視鏡)検査は最も有用で確実な診断が得られますが、皮膚切開、麻酔など手術手技になります。
ACL単独での損傷例は少なく、内側側副靱帯損傷や半月板損傷を合併している場合が多いのが特徴です。