アキレス腱炎

下腿三頭筋が踵骨を結ぶ太くて丈夫な腱であるアキレス腱に炎症を起こした状態です。
一般にアキレス腱炎は剣道や陸上、ジャンプスポーツなど運動選手に多くみられます。
走るときなどに下腿三頭筋が足の裏を踏み返す動き、つまり地面を蹴ってつま先立ちになる動きに関係しています。

運動で繰り返し負荷がかかった後に十分な回復期間をとらないと、アキレス腱の炎症が起こることになります。
運動をしているときや座っていて歩き始めるときに、下腿三頭筋から踵骨のあたりにかけて痛みを感じることがあります。

アキレス腱を軽く触ると、痛みを感じる以外に腫れていることがあります。
安静にして過度な運動を中止し、アイシングや保存的治療(出血を伴わない治療)を行います。
踵骨部分を高くした中敷きを使うと、アキレス腱の過度な緊張を緩めることができます。

また、似た病気で「アキレス腱周囲炎」というものがあります。
炎症が腱自体でなく腱の近くの組織(パラテノンというゼリー状の組織や皮下脂肪)に生じる炎症でアキレス腱炎と区別しますが、アキレス腱炎と同様の保存療法を行うことになります。